経口避妊薬が関節炎に効くワケ

女性の関節痛の多くは、更年期障害によるものです。最初は、関節がこわばって動きが悪くなる程度ですが、次第に痛みが出てきます。これは、加齢によるものと、卵巣の機能が衰えてエストロゲンが減少しているのが原因とされています。加齢とエストロゲンの減少で、関節を支える軟骨と筋肉が衰えたり、血行が悪くなって痛みが発生するものです。
経口避妊薬で女性ホルモンを補うことで、更年期障害のさまざまな症状を軽減することができますが、関節痛に関しても同様です。また、慢性関節リウマチの発生率を30%下げ、進行を遅らせるというデータもあります。
関節がポキポキ鳴ったり、手足の先がしびれたり、こわばるなどの症状は、関節痛の初期症状です。放置すると悪化して、全身の痛みが発生する恐れがありますので、初期症状に気づいたら、早めに対処するようにしましょう。
また、更年期には骨密度の低下が見られることがあります。骨も新陳代謝を繰り返しており、エストロゲンには骨の吸収を抑える働きがあります。更年期でエストロゲンの分泌が減ると、骨の吸収の方が多くなって、骨密度が低下してしまいます。経口避妊薬でエストロゲンを補えば、骨粗しょう症の予防にもなります。40歳以上で経口避妊薬を服用すると、大腿骨頸部骨折の発生を25%低下させるという報告もあります。最近では、若い世代でも無理なダイエットの結果、女性ホルモンのバランスが崩れている人も多くなっています。経口避妊薬の服用によって、将来の骨粗しょう症を予防することができます。
この他、経口避妊薬には、卵巣がんや子宮体がんの発生を予防する効果もあり、大腸がんの発生頻度が低下するという報告もあります。

経口避妊薬に副作用はある?

経口避妊薬は飲むだけで避妊ができる薬ですが、副作用があります。
経口避妊薬に配合されているのは女性ホルモンです。体内での女性ホルモンの濃度をコントロールするため、体内での女性ホルモンの量が多くなります。偽妊娠の状態にしてしまうため、嘔吐や吐き気、頭痛、倦怠感、乳房の張りといったつわりと同じような症状が出てきます。他にも女性ホルモンの働きで生理の日にちもコントロールしているのですが、何らかの拍子で不正出血が起こることがあります。これらの症状は2~3シート服用することでほとんどの症状が軽減されると言われています。
経口避妊薬の副作用で最も大きく取り上げられているのが血栓による死亡例です。女性は妊娠すると、出産時の出血をすぐに止めなくては母体の命に関わってしまいます。そのため通常よりも血液が凝固しやすくなります。その働きは経口避妊薬の中にも配合されているエストロゲンの効果です。人工的に妊娠しているのと同じ状況を作り出しているため、経口避妊薬を服用している女性の体内はエストロゲンの効果によって血が凝固しやすくなっているので、血栓ができやすくなってしまいます。何らかの拍子に血栓が肺や心臓などの細い血管に詰まってしまうと、肺塞栓や心筋梗塞になってしまい、最悪の場合には死に至ってしまうケースがあります。血栓ができるリスクは経口避妊薬を飲まずに喫煙をしている人の方が高く経口避妊薬を飲んでいて血栓症になるリスクは低いのですが、手足のしびれや突然の胸の痛み、息が苦しいなどの症状が出た場合にはすぐに病院の診察を受けるようにしましょう。
予防法としては、積極的に水分を摂取するようにしたり、喫煙や過度のアルコールの摂取を控えて血栓ができるリスクを軽減するようにしましょう。

経口避妊薬を通販で購入

健康な男性と女性が性行為をすると、妊娠をする可能性があります。妊娠をして嬉しいと思うカップルがいる一方で、妊娠をしてしまうと困ってしまうというカップルもいます。若く学生だったり、仕事をしていてもすぐに出産や子育てをしていくことが出来ない人、そもそも結婚をする気がない人など、事情はさまざまです。妊娠したら困るという人たちでは、避妊をしていく必要があるのです。
避妊方法としては、日本でメジャーなのが男性の装着するコンドームですが、最近は女性が服用する経口避妊薬も知られるようになっています。毎日服用することで、ホルモンバランスを整えるという低用量ピルというのは、避妊の成功率がほぼ100%に近いということで、安心できる避妊方法になります。女性の生理周期を28日間にして生理日を安定させ、生理不順の人でも改善することができるのです。最も期待される避妊効果に関しても、女性の排卵を抑制できるので、卵子と精子が女性の体内で出会うことがなく、避妊できるというものなのです。
また、中用量のピルもあるのですが、これは緊急用であり、性行為をしたあとに妊娠の可能性が出てきた場合に72時間以内服用するものになるのです。
これらの経口避妊薬は通常、産婦人科などの医療機関で処方してもらうものですが、ほかにも入手方法があります。それが海外からの個人輸入の通販です。医療機関で処方してもらうよりもかなり安く、まとめ買いにするとさらにお得なのです。
しかしながら、持病がある人などでは一度医療機関を受診して、薬の飲み合わせや体調などで相談をしたほうがいいでしょう。それで問題がなければ、通販で購入して服用していくようにするのがいいでしょう。
■経口避妊薬のひとつ
低用量ピルの種類