家庭の3/1は収納スペース

どうりでモノがテーブルの上にも戸棚の上にもあふれています」と思われるでしょうが、それはいわゆる押し入れとか作りつけ物入れの面積であって、よく見まわせば、家具という家具は、もうほとんどすべて「収納」のためにあるといってもよいでしょう。洋服ダンス、整理ダンス、食器戸棚に始まり、本棚、飾棚、サイドボード、ドレッサー、ライティングビューローで、冷蔵庫などすべて「収納」で、かろうじてモノをしまうことから解放されているのは、ソファ、食卓、椅子、ピアノくらいである。このような家具まで収納場所として換算すれば、家の3分の1強が収納に費やされています。70平方メートル6000万円の家だとすれば、なんとその3分の1、2000万円が収納代という勘定になります。モノ1つ1つの値段はそれほどでなくても、積もり重なれば、家の機能の中で「収納」は、他の機能をさしおいて相当高くついていることになるわけであります。さてそれではどうするか。驚きあわててモノを捨てる前に、モノの2つの面を考えてみてほしいです。まず第1の面は、「目に見えるモノで」。私たちが生きていく上で、衣・食・住全般に渡ってどうしても必要と思われるモノ、これは大体が「目に見えるモノ」の範囲であるでしょう。

何気に部分かつらって使えるみたいなんですよ。まぁどれだけの人が使うかはわからないですけど、試してみる価値はあるんじゃないですかね。ビーエストの部分かつらがどんなものか気にもなるところですし。誰か試してくれないですかね。

LEDの見積りを頼んでいるんです。全体的にLEDに変えようと思っているので。ダイトクだったら良い感じの照明を付けてくれそうなので期待しているんですよ。早く見積もりがどんな感じか見てみたいですね。

モノが多い日本人

国土の広さとのかねあいといおうか、つまりは家の広さとのかねあいで考えてみれば、驚くべきモノの数で、まさにモノに埋もれて生活しているといえるでしょう。たとえば鍋1つ取りあげてみても、平均で30個くらいはもっていて、そのうち常時使うのは半数以下の10個程度です。皿小鉢のたぐいは、自分で購入したものと、御中元御歳暮、結婚式の引出物などいった、いただいたモノ数知れずで、自分の所有物ではあっても、その所有数も所有内容も収納場所も、しかとは確認できないのが現状であるでしょう。これが皿小鉢に限らずにして、衣・食・住の全域に渡るのだから、我ながら「スゴイ」と思わざるを得ないでしょう。とにかくモノが多いから。それも使わないモノで、忘れ去られたモノが多「収納」を考えるときは、何をどのようにしまうか、ではなくて、まず「モノを整理して捨てる」ことを前提にしない限って、前には進まない。収納が多いにこしたことはないですが、「使わないモノには、いらないモノまでしまう場所はない」と自覚することが第一歩であろう。いま首都圏で4人家族の家の平均的広さは70平方メートル前後であます。その中で収納に使われる面積は3.5平方メートル(約1坪)くらいでしょうか。

良く磁器の食器を見たりするんですけど、陶器との違いはなんなんですかね。花田で今度うつわとか買おうと思っているんですけど、その時にどっちがいいのか聞いてみようかなって思います。磁器と陶器、何が違うんでしょうね。

他を見ても三宮の賃貸はやっぱり魅力的ですね。一番場所ですね。その辺りだったら一番住みやすい地域なんじゃないかなと個人的には思っています。シティネットで三宮以外の賃貸も結構見たんですけどね。今のところ超える場所はない感じですよ。

自分文化にとっての必要性

何が有効でかつ、何が無用かということは、時代のあり方によっては変わるわけですから、だとしたならば、「自分にとって」という言葉は、自分に引きつけたところでの判断しかないのでしょう。「床の間」や「廊下・縁側」などは、日本の暮らしの、建築学的側面より、むしろ心のありように結びつくものであって、今風にいうなら「自分文化」と密接に関わって存在するものだといえましょう。あってもなくてもいいですか。決めるのはあなたです。廊下も部屋の続きと考えて床暖房が望ましいです。廊下の壁はわが家の画廊で。楽しんではほしいが、取りつけ方に注意。地震や災害時に壁からさまざまなものが落下して逃げ遅れたりしやすいです。日本人はモノをもちすぎています。モノの所有数でいうと、日本人が7000点でもっとも多くて、二位のドイツ5000点、アメリカ4000点でこの順位を見てみると、ただモノをたくさんもっていることに驚くだけではすまされない点が浮かびあがってきます。

いつか大人数のパーティーを開いてみたいなって思っているんです。GREEN’S LINEならそんなパーティー会場もそんなに苦労しないで探せそうなので、いつか絶対開いてみようと思います。近いうちに実現できそうな気がします。

店舗デザインってかなり大事ですよね。なんて言ってもそれでイメージが決まってしまうんですから。商店建築はそんな店舗デザインに関してはものすごいですよ。自分も前にやってもらったことあるんですけど、すごく良くなりましたから。

高級な美容は誰もがしてみたいものですよね。でもやっぱり高いですからね。なかなかできないものですよ。ニュートリション・アクトも高級な美容製品扱っているんですよね。一度くらい使ってみたいなって思っているんですけどね。