避妊薬とラテックスと抜け毛について

ラテックスというのは水中に、ポリマー微粒子が分散したエマルジョンです。自然の中にある乳状の樹液もそうです。界面活性剤によって乳化したモノマーを重合することで得られる液です。植物よりの乳状の樹液というものは、空気に触れることで凝固する性質があります。タンニンや樹脂、タンパク質やアルカロイド、ほかにも糖や油などはエマルジョンです。植物より分泌されるタイプのラテックスは白いですが、オレンジやイエローなどもあります。
避妊薬というのは黄体ホルモンと卵胞ホルモンとが含まれていて、その薬を服用することで、排卵を抑制します。こうした作用によって、避妊をすることができます。正しい服用は避妊効果も高く、避妊効果の最も高い方法です。日本においてはこうした低用量ピルは、利用率としては欧米諸国に比べた時には、格段に低いというのが現実です。
1960年に経口避妊薬は、米国で発売がスタートしました。最初はホルモン量の多いタイプの、高用量ピルが利用されていたのです。それからホルモン量を少なくした中用量が出てきて、低用量ピルに改良されたのは、1970年以降のことです。今の日本で処方されて使用できるのは、タイプ的に低用量ピルを処方してもらうことができます。婦人科などといった病院で、避妊薬は処方してもらうことができます。低用量経口避妊薬は低用量ピルとも呼ばれていて、毎日1錠服用すると避妊効果が期待できます。
抜け毛になる原因として、いろいろな原因がありますが、頭皮の毛穴の汚れをそのままにしておくのも、よくありません。正しいシャンプーで、頭皮は清潔にしていましょう。頭皮には必要な栄養を与えるにも、毛穴をスッキリするのはいい方法です。

避妊薬やIUDの装着で胸の張りなどの副作用がある?

避妊薬であるピルには、継続的に服用することで避妊効果を得る低用量ピルと、セックスの際に避妊に失敗した時に72時間以内に服用することで妊娠を回避できる緊急避妊薬であるアフターピルなどがあります。
ピルは女性ホルモンの合成剤であり、服用す釣ることで妊娠に近い状態を作って妊娠しないようにする作用があります。
それ以外にも、月経困難症や子宮内膜症、更年期障害などの症状の軽減などの効果もあるほか、卵巣機能不全や卵巣がん、子宮体がんなどの病気の予防にも効果があるとされています。
ただ、女性ホルモンが体に入ってくることで副作用が起こることもあります。
吐き気や頭痛、胸の張りなどの症状が出ることもありますが薬に慣れてくれば症状は徐々に落ち着いてくるでしょう。
ただ、いつまで経っても症状が改善しない場合には体質的に服用しているピルが体に合わない可能性もありますので、処方してもらった婦人科で別のピルに交換してもらうのが良いかもしれません。
一方、避妊効果を得る器具として子宮内に装着するIUDがあります。
IUDは、医師によって子宮内に装着する器具で、子宮の環境を変化させることで受精卵が子宮内膜の着床しないように防ぐことで避妊効果を得ます。
一度装着すれば数年は避妊をしなくても妊娠する確率は非常に低くなるので、子供を持つ予定がまだ先にしたい場合にはおすすめといえます。
IUDの装着によって過多月経やおりものの増加、下腹部痛などの副作用が起こることは考えられますが、胸の張りについてはあまりないとされています。
しかし、IUDにも様々な種類があり、その中でも黄体ホルモンを付加させているIUSの場合は子宮内膜を少なくする作用もあり体内の女性ホルモンにも働きかけますので人によっては胸を張りを感じる人もいるのかもしれません。
副作用については、実際にピルを処方されるときやIUDを装着するときに説明を聞いておくようにしましょう。