女子の月経痛と避妊薬の活用

女子の月経の際には、子宮が収縮として、剥がれ落ちた子宮内膜が経血として体外に排出されることになりますが、このときに同時に痛みをともなうことがあり、これを月経痛とよんでいます。したがって、月経痛そのものは自然なことといえるのですが、なかには生活に支障をきたすほどに月経痛がひどく、耐えられなくなってしまうという場合もあり、月経困難症として、病院でも症状改善に向けた治療が行われます。
実際にどのような治療をするかですが、ここで登場するのが、計画的な避妊のために使われている経口避妊薬です。経口避妊薬は、毎日1錠を続けて飲むことによって避妊の効果を得るためというのが主目的ですが、その成分として卵胞ホルモンや黄体ホルモンという女性ホルモンを含んでいることがキーポイントとなります。
こうした女性ホルモンには、子宮内膜が厚く増殖するのを抑制するというはたらきがあるため、経口避妊薬を服用することによって、月経のような出血が起きないか、またはわずかな量の出血しかないという状態に持ち込むことが可能になるのです。それはとりもなおさずはげしい月経痛から解放されるということでもあります。
これはたとえば月経前に腹痛やだるさなどの症状が出て、月経の期間には逆に症状が改善してしまうという月経前症候群の女子にも有効で、月経前症候群の原因となっているホルモンバランスの不安定さを、経口避妊薬によって女性ホルモンを一定の分量だけ継続的にとりいれることによって補うことができるのです。
ただし、経口避妊薬にはいくつかの副作用があり、吐き気、下腹部痛などといった軽いものは、服用したてのころにはよく起こるものですし、タバコを吸う女子の場合には、血栓症にも注意したほうがよいとされています。